歌ってストレス発散

私はストレスを感じて何かにぶつけたくなったなーって時に一人でカラオケに行っています。

ヒトカラってやつです。

たまたま早く帰ることができた日の夕方に、1時間半くらいで部屋をとって歌い続けます。

好きな曲、練習したい曲、大声を出せる曲……。

大抵喉が潰れて最後の方は声が出なくなりますが、カラオケ店を出た時にはストレスなんか吹き飛んで清々しい気持ちになってます。

初めは一人でカラオケ店に入るのに躊躇してなかなか踏み込まないでいましたが、ヒトカラをするようになって分かったこととして、ヒトカラのお客さん、結構多いです。

学校終わりの学生さんが多いですが、たまにご年配の方もお見かけします。

お店の方もあまり混んでない時であればすんなり通してくれます。

(ただ、繁華街のお店では嫌な顔されることが多いですね。

)
ストレス発散に大声を出したり体を動かしたり、という人は多いはず。

カラオケならどっちもできちゃいます。

友達とワイワイ歌うというのも楽しいですが、一人で歌うのはまた違った楽しさがあると思うんです。

歌に合わせて人目を気にせず踊れるし、人といればドン引きされちゃうような大声だって出せるし、自分のペースでストレス発散できるんです。

ストレス発散はカラオケで!歌声と一緒に、ストレスまで吹っ飛ばす!

私は、ストレス発散したいときはカラオケに行きます。

理由は簡単。

カラオケに行って大声で歌うと、歌声と一緒にストレスまで飛んでいくような気がするからです。

友人といくことがほとんどですが、ごくたまに一人でも行きます。

一人だと、周りに気を使わずマイペースに歌えるし、時間いっぱい使えるのがメリットです。

曲を入力する暇がないのが欠点でもありますが。

恥ずかしいのは、最初と最後にレジの前に立ったときくらいです。

一人だと1?2時間くらい歌い続ければ適度に疲れて気分転換になります。

友人とカラオケにいくときのメリットは、自分の歌声に反応してくれる人がいることです。

一緒に鼻歌を歌ってもらったり、「うまいねー」と行ってもらえたり、また、友人のレパートリーの中から自分の好きな曲を見つけたりと、いいことも盛りだくさんです。

ですが、あまり大人数でカラオケにいくのは好きではありません。

自分の番が回ってくるまでに時間がかかることや、友達と普通に話をしたいときに声を張り上げなければならないことに面倒くささを感じることがあります。

だから、ストレス発散でカラオケに行くときは、2?3人の歌の上手な友達と行くか、一人でひたすら歌い続けるのがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする